Blog

【義理のお母さんからの手紙】

 

 

皆さんは旦那さんの
お母さんとの関係っていかがですか?

私は、
遠く離れていることもあり
帰省したらご飯連れて行ってくれたり
孫も可愛がってきれるし、
とても良くしてもらっています。

 

 

だけど、
物凄く仲良しかと言われると
そうでもなく

まあ、いい距離感。
くらいの関係かなと
という感じですね。

とここまで書くと
何の問題もないように
見えますが。

人は鏡。

目の前に現れた人は
何かを教えてくれるために
現れる。
とよく言いますが、

まあ、少しは色々ありますよね笑

 

 

主人のお母さんは
私とは正反対で頭もよく何でもできるし、
シャキシャキテキパキしていて、

家の中はお母さん中心に回っているような
雰囲気。

 

 

一緒にテレビを見ると
私が人間的に好きだなと思う人のことを
嫌い!というようなはっきりしたタイプ笑

ここは本当面白く逆にネタなんですけどね笑

 

子ども達もみんなほどよく元気で優しく頭もよく
親から見たら自慢のいい子ばかり。

 

 

とても明るくて
自信ががある女性なんだなと
尊敬する一方・・・

 

 

 

何年か前かな
仕事に没頭する私に

「働かなくても食べていけるんだから
(息子の給料で)
仕事もいいけど、
もっと子どもに手をかけて!」

 

 

みたいに言われた事があり、

あー私が仕事をしている事を
良く思ってないんだなーと
思ってたんですね。

だからと言って
仕事をセーブするなんて事は
もちろんしない私ですが、

何で雇われ正社員なら言われないのに
私には言うんだろう・・
あま、いいけど、、

みたいな気持ちでいました。

 

 

まあ、
色々思う事はあるんだろうなと
言うかんじでしたが、

強く何かを言われることもなく
お母さんもだんだん丸くなっているなと
感じていました。

 

 

 

去年の中頃かな
何があったとかではないのですが、

旦那さんを産んでくれた
お母さんに何だか無償に感謝が湧いてきたんです。

 

 

 

 

今までは私から積極的に連絡することも
なかったのいですが、
「お手紙を書こう!」と思い

私からお母さんに定期的に
手紙を出していたんですね。

手紙の返事は毎回ラインで
ありがとう♡と届くので
それはそれで気楽で良かったのですが

先日、
初めてお返事が届きました。

 

 

 

そこには

「孫達が何歳になっても
じいじばあば大好きでくっついてきてくれて
嬉しいです。

孫が父方の祖母に懐くのはお嫁さんが
いいからだと友達に言われたよ♡

ふーちゃんが、
子どもも旦那さんも親も大事にしてくれる
から私達は幸せです

母より」

 

そんな事が書いてありました。

何だか物凄く嬉しくて
嬉し泣き。

 

 

こんなにありがたい事はないなと。
それと同時に感謝していると
口で言いながらも
お母さんの悪いとこを見ようとしていたのは
私なんだと反省。

 

 

 

自分が変われば相手も変わる。
そして、見える世界も変わる。

良くするも
悪くするも

全ては自分次第。

結局全部、
どんな自分でいたいのか
そして、どんな世界を見たいのか

そこが全て。

-Blog

© 2022 Fukiko Sakamoto