My Story Photo Voice

【お客様の声】神奈川県F様

私、「受容力」って言われても実はピンときてなかったの。

そもそも、私、自分の中では、相手を入れてるか入れてないかハッキリしてて。

完全に入れてる人には私にできることなら何でもしちゃうけど、

その外にいる人

(その中でも距離感、好き嫌いはあるけどw)には優しくはしても、

受け入れてるという感覚があまりなかったから。

 

でも、ふきちゃんの写真を見て、すごく柔らかいなぁと。
私、楽しそうじゃん。自分が思うよりも、壁がない感じ♡

 

 

何か色々と考えちゃうから、上手く動けないとか、

自分からポーズ取れない、動けないとかなんだよね。

 

大笑いしてるのも、他の人のは純粋に楽しそうでいい!って思えるのに、

自分になると良いと思えなかったり(笑)

 

でもそれもありで、いいんだよ♡って言われてる感じがした。

それは、きっとふきちゃんの視点と想いがあるからこそだよね♡

何だろ、写真として見ることで、客観的に自分の「今」がわかる。

 

 

ビジネスを加速させる写真より何より、自分の気持ちが変わる写真って大事だと思う。
自分の何かが変わると、自然と動くことができるものだから。

私、ふきちゃんが、自分の満足のために撮る写真でいいって言ってくれたの、

あ、いいんだって思えたよ。

 

-My Story Photo, Voice

© 2021 Fukiko Sakamoto